友引ってどういう意味?引っ越しするのに最適な日なの?

何かをする際に、その日が吉日か凶日かを調べるために六曜が使われることがあります。六曜では「大安」が何をするにも最高の日とされており、引っ越しも大安吉日に行う人が多いのです。けれども大安の日の引っ越しは人気があるため、業者を予約する際にも早く抑えなければすぐに埋まってしまいます。忙しくてなかなか大安の日にスケジュールが合わないという人もいるでしょう。
そんなときには「友引」の日を選んで引っ越すのも、悪くありません。友引とは六曜では、「何事も引き分けになる、友を引く、勝負事はなし」という意味合いがあります。つまり、引っ越しをするにあたっても、平穏無事な日ということになるのです。友引は昔は「留引」と書いていたという説もあり、「良き事は継続、悪し事は停滞」という意味もあります。これもまた引っ越しにおいて、「良い状態は進み、悪いことは取りやめになる」ということで、適していると言えるのです。
友引は正午に何かをするのはよくないとされているので、引っ越しも昼前後を避けた時間帯に行えば問題ないでしょう。大安は予約でいっぱいでも友引の日は空きがある可能性が高いですし、引越し業者一覧比較※一番安い見積もりをくれる会社はどこ?では大安よりも引っ越し料金が安くなっている業者もあります。
縁起を担ぎたいが大安の日は無理だという人は、友引の日をねらってみましょう。